悩んでいるのは君だけじゃないよ 無料相談・お問い合わせ

  1. トップ
  2. 読むクスリ
  3. 82.気付かずしている悪がある
読むクスリ

82.気付かずしている悪がある

こんにちは、オンリーライフの菅野です。
先日、朝のラッシュ時に、電車に乗ろうとホームを歩いていた時のことです。
その日は雨で、皆手に傘を持っていました。
多くの人が早足で電車に流れる中、私の近くでお婆さんが歩いていました。
すると、1人のサラリーマンが急いで電車に駆け込み、お婆さんの横を通り過ぎました。
その時、サラリーマンが手にしていた傘の柄がお婆さんの足にぶつかったのです。
瞬間、お婆さんの顔は激痛に顔を歪め、座り込みました。
一方、そのサラリーマンはぶつけたことにも気づかずに、電車に乗ってしまいました。

恐らく、このサラリーマンは、まさか自分がお婆さんを傷つけたとは知らず、その後もいつも通り仕事を終え、1日を終えたことでしょう。
また、その日だけでなく、一生この事実を知らずに過ごすかもしれません。

しかし、人間は皆、このサラリーマンと同じように「気付かずにしている悪」があるのです。
それを学ぶことが「自分を知る」ということであり、仏教なのです。

関連する記事

40.ケンカしなくなる方法

69.被害者目線でしか見えないこと

94.白い服に染みがつくと目立つ

107.ごめんで済んだら警察はいらない

123.進撃の巨人と仏教

183.「なぜ生き物を殺してはいけないの?」

読むクスリトップへ戻る


無料相談・お問い合わせ