悩んでいるのは君だけじゃないよ 無料相談・お問い合わせ

  1. トップ
  2. 読むクスリ
  3. 80.仏教から見た自分
読むクスリ

80.仏教から見た自分

自分で自分を評価しても、他人が自分を評価しても、本当の自分を見せてはくれない、ということは前に書きました。
本当の自分は「仏教から見た自分」となります。

ではどういう自分が見えるかと言うと、仏教では人は皆、悪人であると説きます。
この理由については、他の記事を参照頂ければと思います。

仏教は、悪人こそ救われる教え、とも言います。
ここで言う悪人というのは、「悪い事をしている自分を自覚している人」のことを指します。
この自覚が出来ないと、例えば、対人関係においても衝突が起こりやすいのです。
ケンカというのはお互いが「絶対間違って無い」と思ってる状態です。
そこを「自分に非がある」という自覚が出来ればケンカにはならないでしょう。

仏教で悪人である自分を学び、強く明るく生きる方法を知って欲しいと思います。

関連する記事

6.「自分を知る」

57.客観的に自分を見る

72.「吾唯足知」

74.自分から見た自分

77.他人から見た自分

114.理性と感情のバランス

189.信じる条件

読むクスリトップへ戻る


無料相談・お問い合わせ