悩んでいるのは君だけじゃないよ 無料相談・お問い合わせ

  1. トップ
  2. 読むクスリ
  3. 71.「前向きな事を言ったほうがいい」と言われる本当の仕組み
読むクスリ

71.「前向きな事を言ったほうがいい」と言われる本当の仕組み

人間は日々、様々な行為を心と口と身体で行います。
この行為のことを仏教では業と言うのですが、一度業を作ったら、それは消えないのです。
どういうことかと言うと、その業は1つの独立したエネルギーとして体内に蓄積される、ということです。

エネルギー保存の法則というのは聞いたことがありますか?
エネルギー不滅の法則とも言いますが、エネルギーそのものは無にならず、形を変えて存在し続ける、というものです。
例えば、水が水蒸気になると目には見えなくなりますが、無くなったのではなく、形を変えただけです。

前向きな言葉を発すれば、そのまま前向きなエネルギーとして蓄積され、マイナス発言をすると、そのままマイナスなエネルギーとして蓄積されるのです。
ですので、例えば、ネガティブな事を言えば言う程、考え方も益々ネガティブになる、ということです。

この仕組みを理解出来れば、モチベーションアップ等に役立たせることが出来ます。

関連する記事

49.習慣のパワー

68.水よく石を穿つ

159.「どうしても我慢できません」

170.「継続は力なり」と言われる本当の仕組み

読むクスリトップへ戻る


無料相談・お問い合わせ