悩んでいるのは君だけじゃないよ 無料相談・お問い合わせ

  1. トップ
  2. 読むクスリ
  3. 69.被害者目線でしか見えないこと
読むクスリ

69.被害者目線でしか見えないこと

仏教療法を学ぶと、被害者目線でしか分からないことが見えてきます。
つまり、他人の苦しみに目を向けられるようになる、ということであり、もっと突き詰めると、他人の苦しみが自分のことのように感じられる、ということです。

これは心の病の改善にも重要な視点です。
自分にばかり向いていた意識が、他人に向けられるようになると、苦しみが和らぎます。
さらに、この視点が身に付くと、身近な人の「恩」に気づくようになり、感謝も生まれます。
その他にも色々な世界が見えてきますので、是非この視点を身に付けて欲しいと思います。

 

関連する記事

40.ケンカしなくなる方法

82.気付かずしている悪がある

94.白い服に染みがつくと目立つ

107.ごめんで済んだら警察はいらない

123.進撃の巨人と仏教

183.「なぜ生き物を殺してはいけないの?」

読むクスリトップへ戻る


無料相談・お問い合わせ