悩んでいるのは君だけじゃないよ 無料相談・お問い合わせ

  1. トップ
  2. 読むクスリ
  3. 56.ストレスと仏教の関係
読むクスリ

56.ストレスと仏教の関係

ストレスという言葉は、1936年にカナダの生理学者であるハンス・セリエがストレス学説を発表して以来、広く使われるようになったと言われています。

ストレスを感じると風邪をひきやすくなったり、体調が悪くなったり、ということは多くの人が経験したことがあると思います。

仏教では「心と肉体は密接な関係があり、心が病むと肉体にも悪影響を及ぼす」と教えています。これを色心不二と言い、現代で言うところのストレスを表しています。

肉体が不調の時は、ストレスが原因、つまり心が原因かもしれないのです。

関連する記事

1.悩み事と仏教の関係

23.偽の仏教と本物の仏教

44.「なぜ仏教なの?」

60.苦しい時こそ威力を発揮する

64.「仏教は暗いから嫌だ」

133.「宗教は抵抗があります」

135.「仏教は否定的だから嫌だ」


読むクスリトップへ戻る

無料相談・お問い合わせ