悩んでいるのは君だけじゃないよ 無料相談・お問い合わせ

  1. トップ
  2. 読むクスリ
  3. 45.肉体の病だと思ったら心の病だった
読むクスリ

45.肉体の病だと思ったら心の病だった

うつや対人恐怖症などの心の病は、最初は心の病だと気づきにくいです。肉体が辛さや痛みを感じるので、肉体に苦しさの原因があると思い込んでしまいます。ですので、体を休めたり、薬を飲んだり、外科的な方法で何とかしようとします。

しかし、幾らやっても改善しないでしょう。心が原因であるのに、肉体を何とかしようとしても意味が無いのです。肉体の辛さや痛みは、心が病んでいる為に、悪影響を与えているのです。

心と肉体は別々ではなく、一体の関係にあります。これを色心不二と言います。 ストレスを感じると、体調を崩したり、疲れやすくなるのも、同じ理由です。

心の病を自覚し、改善していくのが仏教療法なのです。

関連する記事

7.肉体の健康と心の健康の関係

10.心の病の共通する治し方

42.心の病まとめ

54.心のエステ

55.普通の人が心の病になるまで

144.悩みを表現する力

154.日本はトップレベルの経済力と自殺率

175.気にする人の意外な心理

読むクスリトップへ戻る


無料相談・お問い合わせ