悩んでいるのは君だけじゃないよ 無料相談・お問い合わせ

  1. トップ
  2. 読むクスリ
  3. 39.かわいい子には旅をさせる
読むクスリ

39.かわいい子には旅をさせる

引きこもりの子供を持つ親からの相談も非常に多いです。
引きこもってからでは中々改善が難しいので、そうなる前に親が子供との接し方を学んで欲しいと思います。

まず重要なことは「かわいい子には旅をさせる」ということです。
「苦労せずとも生活出来る環境」を親が与えていては、子供はそこに甘えてしまい、努力しなくなります。
具体的には次のようなことをさせると効果的です。

レベル1:自分の世話は出来るだけ自分でさせる
掃除、洗濯、食事、等出来るだけ自分のことは自分でするように「適度に突き放す」と良いです。

レベル2:1人暮らしをする
下宿療法とも言いますが、1人暮らしをすれば、自分の世話は自分でしなければなりません。
そういう環境に身を置くと、「当たり前」だと思っていた環境が実は当たり前ではなかった、ということが実感出来ます。

レベル3:仕事をする
病を持っている人には中々難しいと思いますが、社会の厳しさを知り、自分を強くするには効果的です。
仕事はオンリーライフの療法を実践する「チャンスの場」となります。

要するに「自立する」ということなのですが、上記はあくまで手段であって、土台となる「心根」を学ぶことが大前提です。
その心根を学ぶことが仏教療法なのです。

関連する記事

18.甘やかす親

48.姑は「へそ」

163.子供が心の病になったら

165.子供を変えた意外な方法

169.カツオは引きこもらない


読むクスリトップへ戻る

無料相談・お問い合わせ