悩んでいるのは君だけじゃないよ 無料相談・お問い合わせ

  1. トップ
  2. 読むクスリ
  3. 194.「人見知りじゃないと空気が読めない」
読むクスリ

194.「人見知りじゃないと空気が読めない」

こんにちは、代表カウンセラーの菅野です。

昨日は、長寿番組「笑っていいとも」の最後の放送ということで、久しぶりに見ていました。
32年続いたということですから、私が生まれる前から放送していたことになります。

番組内で、なぜこんなに続いたのか質問したところ、司会のタモリさん曰く「人見知りだったから」だそうです。
さらに、「人見知りじゃないと空気が読めない」とも言ってました。

「人見知り」とはマイナスの表現で、プラスの表現は「人に気を使える」ということにもなります。
「人見知り」だけでなく「対人恐怖」や「対人緊張」、「コンプレックス」や「劣等感」、「赤面症」や「醜形恐怖症」等々、これら対人的な悩みは、人に気を使っているからこそ生じるわけです。

「人に気を使う」ということ自体は、善でも悪でもありません。
その人次第で、マイナスにもプラスにもなるのです。

つまりタモリさんは、「人見知り」という一般的にはマイナスに受け止められがちな心理状態を、プラスに受け止めていたわけです。

関連する記事

62.人間関係を続けるコツ

66.「北風」になってませんか?

138.壊れやすいことを知ると壊れない


読むクスリトップへ戻る

無料相談・お問い合わせ