悩んでいるのは君だけじゃないよ 無料相談・お問い合わせ

  1. トップ
  2. 読むクスリ
  3. 144.悩みを表現する力
読むクスリ

144.悩みを表現する力

こんにちは、代表カウンセラーの菅野です。
当会には様々な相談がされますが、病を治す上で、疑問を適切に表現する、という力も重要です。
例えば、「人を幸せにしてください」とアドバイスすると、初めて聞いた人は次のような疑問を持つはずです。

・なぜ人を幸せにしないといけないのか
・自分が幸せでないのに人を幸せにできない
・人を幸せにするとどうなるのか
・何をしたら人を幸せにできるのか
・人の幸せと自分の悩みがどう関係あるのか

しかし、このような疑問を言葉や文章で表現してくれる人は、あまりいません。
疑問を言語化したりして、相手に分からせるように表現しないと、通常相手はどうアドバイスしたらいいか分かりません。

長くカウンセラーをやっていると、相手の表情等から何を考えているのかだいぶ読み取れるようになりますが、それでも全て分かるわけではありません。
まして、メール相談ではどういう反応を示しているのか、書いてくれないと全く読み取れないわけです。
カウンセラーが読み取れなければ、適切なアドバイスも出来なくなり、結果として悩みは改善されない、ということになってしまうのです。

ですので、悩みを解決したい場合は、悩みを表現する、という点を意識して欲しいと思います。

 

関連する記事

7.肉体の健康と心の健康の関係

10.心の病の共通する治し方

42.心の病まとめ

45.肉体の病だと思ったら心の病だった

54.心のエステ

55.普通の人が心の病になるまで

154.日本はトップレベルの経済力と自殺率

175.気にする人の意外な心理

読むクスリトップへ戻る


無料相談・お問い合わせ