悩んでいるのは君だけじゃないよ 無料相談・お問い合わせ

  1. トップ
  2. 読むクスリ
  3. 125.相対を知る
読むクスリ

125.相対を知る

この世は「相対世界」と表現されます。
つまり、比較することによって変化するのです。
例えば、10cmの鉛筆があるとします。
この鉛筆は20cmの鉛筆よりは短いけども、5cmの鉛筆よりは長くなります。
10cmの鉛筆そのものは長いとも短いとも言い切れないのです。

このように、この世界は「全てが相対的」と言えます。
長さや時間、速さや言葉、美しさ、体型等々、これらは全て相対的です。

この視点は心の病を克服する上でも重要です。
例えば、潔癖症と呼ばれる心の病があります。
通常汚いとは感じない物でも、その人にとっては汚いと感じ、恐怖する病です。
しかし、「綺麗」や「汚い」というのは自分が生み出した偏見であって、絶対的に汚い物というのは存在しないのです。
こういったことが分かってくると潔癖症も改善されていきます。

また、もう1つ気を付けなければならないことがあります。
それは相対世界に住む限り、いつ心の病にかかってもおかしくない、ということです。
例えば、我々は「綺麗」と「汚い」を区別しています。
ですので、見方を変えると、全ての人が程度の差はありますが「潔癖症」とも言えるわけです。

この「相対」については非常に奥が深いので、是非セミナー等で学んで欲しいと思います。

関連する記事

164.相対善悪

168.毒

読むクスリトップへ戻る


無料相談・お問い合わせ